何を目的としてお金を借りるのか

お金を借りるための商品はいろいろなものがありますが、資金使途によって使うべきローンが変わるのは言うまでもありません。希望内容や目的が定まっていない状態でのローン選びは正しく選択ができない可能性が高まり、契約後に後悔をしてしまう原因にもなりかねません。

 

お金を借りるとしてもまずは希望する内容、つまり何を目的としてお金を借りたいのか、なぜお金が必要なのかを自身でしっかりと確認や認識をし、それから数あるローン商品を選ぶようにしましょう。

 

いろいろな商品があるローン

ローンでお金を借りるといっても、用途などによっても様々な商品が用意されているために初めての方は迷ってしまうものです。ざっくりと挙げるだけでも以下のようなものがあり、それぞれ希望内容によって選ぶことができます。

 

  • カードローンやキャッシングローン
  • 住宅ローンやリフォームローン
  • マイカーローンやオートローン
  • 教育ローンや学資ローン
  • ショッピングローン

 

この中で目的が名称に入っているものは、基本的にその用途以外には利用ができない場合がほとんどです。例えば住宅ローンやリフォームローンなら、住宅の建築・購入費用やリフォームにかかるお金にのみ利用ができるローンとなります。

 

マイカーローンやオートローンも同様で、これらは車の購入に対する費用を基本として、金融機関によっては車関連の費用であれば利用を可能としているところもあります。

 

上記の中で少し特殊なものとなるのがカードローンやキャッシングローンで、その他の目的が定められたローンとは異なり、カードローンやキャッシングローンは用途を問わずに利用ができるようになっているのが大きな特徴です。

 

明確な目的がないならカードローンが便利

キャッシングローンはカードローンでお金を借りることを指す場合が多いので、ここではカードローンで統一をして話を進めます。

 

カードローンは生活費や急な出費、その他どのようなものであっても生計費として自由に借りられるのが他のローンとは異なる点です。申し込み時に資金使途や借り入れ目的の選択項目はありますが、借りる際に資金使途の申告は必要がないため、目的に合わせて自由に利用ができます。

 

事業性資金としての利用を除くなど一部で禁止とされている資金使途はありますが、個人利用の範囲内であれば基本的には自由に使えるようになっているのがカードローンです。

 

カードローンだからこその特徴

カードローンは資金使途が自由になるだけでなく、様々な面で他のローンとは異なる特徴があります。

 

限度額内で繰り返し何度でも借りられる

カードローンは限度額内で繰り返し何度でも借りられるようになっており、枠内での利用であれば再申し込み不要でいつでも自由に借りられます。他ローンは一度借りたらあとは返済をするだけなので、目的ローンとカードローンでは使い方も大きく異なります。

 

返済の自由度がとにかく高い

他の目的ローンも同様ですが、カードローンは毎月の返済期日に決められた返済金額を入金します。ただ、カードローンの場合には繰り上げ返済が自由に手数料なく行えるようになっているため、毎月の返済以上に入金ができるなら積極的な返済で総支払額の圧縮ができるようになっています。

 

審査や融資が圧倒的に早く手続きが簡単

住宅ローンなどは申し込みの際に多くの必要書類を揃える必要があり、さらに審査や融資の実行までに時間がかかります。住宅ローン以外の目的ローンでもそうですが、カードローンの場合には借り入れ先によっては免許証だけで申し込み当日にお金が借りられるようになっているので、手間をかけずにすぐにお金が借りられます。

 

とにかく急ぎでお金が必要、すぐに現金を用意しなければならないといった場合には、カードローンが大変便利で頼れます。

 

カードローンの大きな欠点

早さや便利さに優れるカードローンですが、大きな欠点が存在しています。それは金利の高さで、他の目的ローンと比べるとカードローンの金利は遥かに高くなってしまうので、しっかりとした返済計画を持たないと負担がどうしてもおおきくなってしまいます。

 

住宅ローンの金利は金融機関にもよりますが大体で年0.5%前後となっている場合が多いのに対し、カードローンは大手消費者金融でも上限で18.0%、銀行で借りるとしても年14.8%程度は取られます。

 

マイカーローンや教育ローンなどと比べても金利が高くなるのが大きな欠点で、借りる金額を少なくしたり毎月の返済を多めに進めるなどをしないと、最終的な利息総額、支払い総額が大きく膨らんでしまうのです。

 

金利が高い分だけ手軽に早くに借りられるようになっているのがカードローンです。金利はたしかにネックとなりますが、使い方次第では負担を抑えられるのでうまく使っていくことが大切です。

 

返済負担を減らすための工夫

カードローンを素早く利用をするなら消費者金融となりますが、消費者金融は上でも軽く触れているようにどうしても金利が高くなってしまいます。ただ、借り入れ先によっては初回は一定の無利息期間が付くところがあるため、うまく使えば金利は高いとしても実際に支払う利息は減らせるようになります。

 

無利息サービスで有名なプロミスを例に挙げると、プロミスは金利が実質年率で4.5%~18.0%となっており、初回契約では限度額によるものの大体は上限の18.0%での借り入れとなります。高い金利が気になりますが、プロミスはメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で初回借り入れの翌日から30日間が無利息になります。

 

およそ一ヶ月間が無利息になれば返済にかかる負担は減らせるようになり、給料日前に手持ちのお金が足りなくてちょっとした金額がほしいといった場合には、プロミスで借りて給料後に返済をすれば利息なくそのまま返せるようになります。

 

プロミスのほかにも無利息サービスを実施している消費者金融は多数あるので、それぞれの特徴を見たい方は無利息サービスがあるカードローンで借りるのページで比較をしておくと良いでしょう。

 

金利が高くても負担は減らせる

カードローンは目的ローンと比べると金利は高くなりますが、無利息サービスを利用したり自由度の高い返済で、使い方次第で負担は大幅に減らせるようになっています。

 

毎月の約定返済金額だけの入金だと総支払額は増えてしまいますが、積極的な入金によって利息はどんどんと減らせるため、当初の予定よりも利息の支払額を大きく減らしての完済も十分に可能です。

 

カードローンは金利高い、負担が大きいといったのは数字だけを見た場合の話であり、計画的な利用を心がけるのであれば負担を減らした便利なカードローンの利用画可能となるのです。

 

返済のことを第一に考えて使うカードローンなら、資金使途を問わない便利なサービスが生活に何かと役立ちます。急な出費があっても周りに知られずに保証人不要で内緒で借りられるので、ちょっとしたお金に困ってしまったらカードローンの利用を考えてみるのも良いでしょう。