返済を考えて借りるならせいぜい10万円ぐらいが良い

目的ローンではなくカードローンやキャッシングでお金を借りる際に、返済のことを第一に考えるなら借りる金額は大きくするのではなく、5万円やせいぜい10万円程度までの少額利用としておいたほうが良いです。

 

カードローンやキャッシングは金利がどうしても高くなり、申し込み当日の最短即日融資に対応をしている消費者金融などは、金利は上限で18.0%程度まで大手でも取られることなってしまいます。

 

大きな金額を借りればそれだけ返済の負担が大きくなり、毎月の返済や最終的な支払い総額も膨れ上がってしまうので、カードローンを利用するなら少額での借り入れとしておくのが無難なのです。

 

限度額は「返せる範囲の金額」

カードローンは申し込みをして審査を受け、無事に通過ができると、限度額というものが設定されます。限度額は利用者一人ひとりによって異なり、申し込み内容に基づいて「ここまでは貸せる」と判断された金額が決められます。

 

限度額が30万円なら収入や他社利用状況等から30万円までなら貸しても返済ができると判断されているといったことで、審査の結果からは30万円までの借り入れなら今後の返済も問題なくできるラインとなります。

 

ただ、収入ははっきりと金額が決まっているとしても、支出は人によって異なります。カードローンの申し込みの際には支出額までは申告をしないので、収入から考えて30万円を借りても大丈夫と判断されても、支出が多い生活の方では30万円を借りると返済が厳しくなる場合もあります。

 

やはり返済のプランや計画は限度額によって決めるのではなく自身でしっかりと判断をすべきで、借りた金額に対する返済が無理なく行えるか、余裕を持って進められるかは借りる前によく確認をしなければなりません。

 

限度額内なら借りる金額は自由

カードローンは他のローンとは異なり、限度額の中であればいくら借りても自由です。30万円の限度額なら1万円や2万円しか借りなくても問題はなく、あまった限度額の範囲内なら再申し込み不要でいつでも追加で借りられます。

 

つまり、30万円の限度額で少額の借り入れに留めておけば、毎月の返済に余裕を持ちながらも限度額を残しておくことで今後にお金が追加で必要になってもすぐに借りられることになります。

 

追加で借りる場合には当然ながら慎重な返済の計画が求められますが、しっかりとした返済の計画を持って借りるのであれば、追加で何度でも借りられるカードローンは大変便利なサービスとなり得ます。

 

限度額内なら満額借りてしまった後でも、返済をすればその分が再び借りられるようになります。便利な反面、返しては借りてを繰り返してしまう場合もあるので注意は必要です。

 

少額の借り入れで使ってみたい

限度額内で借りる金額が自由であれば、カードローンはいきなり限度額の満額を借りるのではなく5万円程度の少額での借り入れとして使っておきたいものです。5万円を借りるだけなら金利が実質年率で18.0%だとしても発生する利息は微々たるものとなり、返済の負担もそこまで大きくなりません。

 

借りる期間によって発生する利息が変わるために一律でいくらとはいえませんが、大まかな目安として18.0%の金利で5万円を借りたい場合の利息は以下のようになります。

 

7日間借りた場合:172円の利息
15日間借りた場合:369円の利息
20日間借りた場合:493円の利息
30日間借りた場合:739円の利息
参考:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/beginner-interest.html

 

30日間借りたとしても利息は1,000円にも満たない金額となり、5万円の借り入れなら毎月の返済金額も少額となるので余裕が持てます。5万円の即日融資で人気のプロミスを例に挙げてみると5万円を借りるなら毎月の返済は2,000円となっているため、少しずつの返済しかできない方でも安心です。

 

プロミス以外の大手消費者金融でも5万円の借り入れなら月々の返済は4,000円などの数千円からで済むようになっているので、少額を借りるなら返済金額にも注目をしながら5万円を借りるためのカードローン情報をしっかりと見ておくと良いでしょう。

 

少額希望なら審査も早く利用がしやすい

返済の面で大きな強みがある少額利用ですが、返済だけでなく借りるための手続き、審査においても少額希望はメリットがあります。

 

カードローンも含めてローンというものは基本的に借りる金額が大きくなれば審査の慎重になり、基準も厳しくなっていくため、申し込み時の希望額を100万円とするよりも5万円や10万円といった少額としておくほうが審査は早くにスムーズに終わるようになります。

 

少額の希望だと切羽詰まっていると感じられて審査が厳しくなるのではないかと勘違いをしている方もいますが、そもそもカードローンに申し込みを行う時点でお金に困っている、切羽詰まっているのでその点は一切問題ありません。

 

余計な心配で審査の結果が良くないものとならないように、また返済を無理なく進められるようにするためにも、カードローンは申し込み時点で少額の希望としておくのが良いのです。

 

少額を希望しても限度額はそれ以上に設定される場合があります。5万円希望でも10万円や20万円、あるいはそれ以上の限度額となる場合もあるので、少額希望としておくのが無難です。