カードローンは全てにおいて万能なわけではない

資金使途を問わずに素早く借りられるカードローンは、自由な用途で利用ができるので金利こそ高いものの、目的ローンの代用としても利用が可能です。金利負担に関してだけしっかりと認識をしていれば全てのローンがカードローンでまかなえる気がしますが、実際にはそうではありません。

 

たしかに目的ローンの代用としてカードローンの利用は可能ではありますが、現実的な問題として大きな金額を借りる場合が多い目的ローンの代わりとしては、カードローンは十分な役割を果たせない場合が多いです。

 

カードローンは借りられる金額が大きくない

目的ローンの代わりにならない理由の一つに、カードローンは借りられる金額がそこまで大きくならないといった点が挙げられます。

 

住宅ローンは数千万円、マイカーローンでも数百万円といった規模での借り入れが可能となりますが、カードローンは消費者金融なら多くても数十万円程度、銀行でも100万円前後の限度額がやっとです。

 

収入状況などを含めて審査の結果次第では大きな金額が借りられる可能性はあるのですが、基本的にカードローンは少額での借り入れが中心となるので、まとまった金額を借りる目的ローンの代用としての利用は難しいです。

 

金利の高さもどうしても問題になる

冒頭でも軽く触れていますが、目的ローンと比べて高くなるカードローンの金利はやはり大きな問題点です。低金利で借りられる目的ローンがあるのに関わらず、わざわざ高い金利のカードローンを使う理由がないとも言えるほどです。

 

目的ローンの融資実行までかかる時間が待てない、すぐにでもお金を借りなければならないといった場合は別かもしれませんが、そもそも明確な目的を持った利用でそこまで急ぐ状況はそう多くはないはずです。

 

例えば車を購入するとした場合、カードローンの即日融資での利用でなければ困るといったことはほとんどなく、大抵の場合には2週間前後かかる場合が多いマイカーローンの手続きも問題なく待てるはずです。

 

お金がすぐに必要な状況は車の購入などの明確な目的は持っていない場合が多いため、それであればカードローンの利用で問題はないでしょう。

 

審査の問題でカードローンを使うなら

借りる金額が大きくなりがちな目的ローンは、どうしても審査の基準も厳しくなってきます。申し込みをしても審査に通らずにお金が借りられない場合もあるので、審査に通らなかった方がカードローンで必要なお金をまかなおうとすることもあります。

 

たしかに目的ローンと比べると審査が早く基準も下がるために利用はしやすいのですが、いくら審査基準で優れているからといっても上に挙げたようにカードローンは借りられる金額が少なくなるため、目的ローンの代わりとしての利用は難しいです。

 

状況によるためになんともいえませんが、例えば金融機関のマイカーローン審査に通らなかった場合であれば、審査がそこまで厳しくないディーラーでのローンを利用するなどしたほうが希望内容に近い借り入れができるようになります。

 

ディーラーローンは金融機関のマイカーローンと比べると金利は高くなりますが、それでもカードローンよりは低金利で借りられるようになっています。

 

数十万円の中古車を買う場合には

マイカーローンの話ばかりになってしまいますが、数百万円規模の新車の購入ではなく、数十万円の中古車を購入する場合にはカードローンでも金額的には対応ができる場合があります。

 

今の車が故障してしまってすぐに代わりの車が必要、何でもいいからとにかく動く車がないと困るといった状況で安い中古車を急ぎで購入するならカードローンの早さが便利ではありますが、金利等を考えるとやはりマイカーローンを使うべきです。

 

金融機関のマイカーローンなら中古車購入時でも新車と同じ条件で利用ができるので、数十万円の中古車でも低金利でのローンが組めます。カードローンよりも時間がかかってしまうのは事実ですが、中古車購入でも低金利となるためにやはり車の購入といった目的があるならマイカーローンを使うべきです。

 

中古車対応の低金利マイカーローン情報は中古車マイカーローン比較のサイトが参考になります。

 

カードローンは最終手段として考えておきたい

カードローンは自由な用途で便利に素早く利用ができる反面、様々なデメリットや欠点があります。全てにおいて万能といったわけではないので、カードローンでの借り入れは最終手段として考えておくほうがよいでしょう。

 

他に借りるところが何もない、誰にも頼れないといった状況なら担保や保証人不要ですぐに借りられるカードローンが便利で安心です。ただ、だからといって借りすぎれば返済で自分自身が苦しむことになるので、余計な借り入れは重ねないのが基本です。

 

限度額内で繰り返し何度でも借りられるカードローンは枠があるとついつい利用をしたくなってしまうものですが、必要最低限の借り入れに留めるようにし、余計な借金を抱え込まないようにしてください。

 

カードローンの利用で困ったことがあれば、まずは問い合わせてみるようにしましょう。大手消費者金融のアコムプロミスなら女性の方でも相談がしやすいように専用のダイヤルを用意しているので、カードローンに不安を感じる方でも安心です。