すぐにお金を借りるなら正しい方法で手続きを進める

すぐにお金を借りるなら、とにかく早くに借りるための方法で正しく手続きを進める必要があります。手続きの進め方をしっかりと確認しておかないとその日のうちに借りられなかったり、審査は終わったとしても借りるのが翌日以降になってしまう場合もあります。

 

急ぎで借りたい場合には借り入れ先の選び方も重要になってくるので、申し込み当日に借りられる即日融資対応のカードローン情報もよく確認をしながら、余計なタイムロスがないように契約まで進めるようにしてください。

 

すぐ借りるなら消費者金融で決まり

申し込みをしたその日のうちにすぐに借りるなら、銀行のカードローンではなく消費者金融がおすすめとなります。消費者金融なら曜日を問わずに対応可能時間内なら最短即日融資での借り入れも可能となっており、すぐに借りたいといった希望通りのカードローン利用ができる可能性が高いです。

 

もちろん審査に通らないとお金は借りられませんが、審査は大手有名消費者金融なら最短30分での回答となっており、早くに結果が分かるので安心です。

 

もし審査に落ちてしまったとしても審査回答が早ければ他の方法でのお金の調達を考える時間的な余裕も生まれるので、すぐにお金を借りるなら基本として即日融資に対応をしているところ、審査が早いところを選んでおく必要があります。

 

お金をすぐに借りるなら
  1. 申し込み当日の即日融資が可能なところ
  2. 審査回答が最短30分など早いところ

 

審査を早くに終えるためのコツ

審査は最短30分となっている消費者金融でも、必ず30分で審査が終わるわけではありません。あくまで「最短」であるため、申し込み内容や審査状況によっては30分以上を審査回答に要する場合もあります。

 

特に気をつけておくべきは申し込みの内容で、審査に時間をかけないためには以下の点に注意をしておくと良いです。

 

  • ミスなく正しい情報を入力する
  • 希望金額はなるべく少なくする
  • 他社との同時申し込みはしない

 

それぞれ審査に時間がかかる、あるいは審査結果に悪影響を及ぼす可能性がある点となるため、すぐに審査を終えてスピーディにお金を借りたいなら気をつけておかなければなりません。

 

正しい情報で申し込みを行うのは基本

審査に通りたいからといって虚偽内容で申し込みをするのは論外ですが、急ぎで必要だからと慌てて申し込みをしたために、入力内容にミスや不備が出てしまうと確認のために余計な時間を食うことになります。

 

本人宛の電話連絡の回数が増えてしまう場合もあり、入力内容のミスが訂正、確認がされない限りは審査は進まないので、確認が取れないといつまで経っても審査が終わらないことになります。

 

また、入力内容がミスなのか虚偽なのか判断がつかない場合には悪戯での申し込みと扱われ、申し込み自体が取り下げられてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

急ぎで借りたいときこそしっかりと確認をしながら、ミスなく不備なく正しい情報を入力するようにしてください。

 

希望額は少なくしておくのがポイント

必要な金額が大きい場合にはどうにもなりませんが、急な出費で少しのお金が必要な場合であれば、必要最低限の金額を希望額として申し込みを進めるのが審査を早くに終えるコツです。

 

カードローンの審査は貸し付ける金額が大きくなればなるほどに厳しくなるので、少額の希望としておけば特別に厳しい基準で審査が行われるわけではありません。5万円を希望する場合と100万円を希望する場合があれば、どっちが慎重になるかといった具合です。

 

そもそも消費者金融の場合には少額融資が基本となるので大きな金額は簡単には借りられないので、すぐにお金を借りるなら5万円や10万円程度の少額希望として手続きを進めておくと安心です。

 

即日融資でのカードローン利用は50万円までとしているところも少なくありません。SMBCモビットでも50万円未満なら最短即日融資に対応をしていますが、50万円以上となると慎重審査で翌営業日以降の融資となります。

 

多重申し込みはしないようにする

お金が借りられるかの審査は受けてみないと分からないため、一度に複数の審査を受けて借りられるかの回答を一気にもらおうと考える方がいます。審査は最短30分とは言っても急ぎで必要だと待ち時間がもったいなく感じてしまうため、効率的な申し込み方法のように感じられます。

 

しかし、実際には多重申し込みは審査に余計な時間がかかる、審査結果に悪影響を及ぼす大きな原因となります。1社に絞って申し込みを行っていれば早くに終わった、審査に通過ができた場合も、多重申し込みによって審査回答に時間がかかる、審査結果が悪くなるといったことも起こり得ます。

 

審査を受けた履歴は信用情報機関に記録がされているので、複数の申し込みをしたという事実は各社各サービスとも審査の際に照会をする信用情報機関の記録で分かってしまうのです。

 

大手の消費者金融ほど多重申し込みは嫌うため、すぐにお金を借りるときこそ1社に絞って余計な申し込みはしないようにしましょう。

 

正しい手続きですぐにお金が借りられる

手続きの進め方によって当日中に借りられるかどうかが変わる消費者金融も、正しい申し込み方法であればそこまで深く考えず、気にすることなく当日中のカードローン利用ができるようになります。

 

もちろん即日融資対応の消費者金融を選んでおくのは基本中の基本であるため、即日借りられるところをお金を借りるなら消費者金融のサイトから選んでおき、希望する内容で借りられるところで手続きを進めるようにしてください。

 

パソコンやスマホで来店不要のWeb契約、そのまま来店不要で銀行振込による即日融資も可能となっているので、誰にも見られず知られずにお金を借りたい方でも安心です。

 

消費者金融でお金を借りるためには本人の安定した収入が欠かせません。アルバイトやパートによる収入でも問題はないですが、専業主婦のように本人が収入を持たない場合には利用ができないので注意が必要です。